ネットショップ運営を始める前に・・・

新しい何かを始めなくてはならない今、ネットショップでお客様と直接取引、それもいいと思います。

 

でも待ってください。

あなたは、物を売ったことがありますか?
店舗に立って、お客様と相対したことがありますか?


お客様になったことはいくらでもありますが、店舗の店員=売り手、販売員になったことがある人はあまりいませんね?

 

売ることと買うことは似ているようで全く似ていません。売ることの難しさをご理解いただき、

新規事業であるネットショップ構築についてじっくり考えていただきたく、このページを作っております。

ネットショップ運営 実店舗運営

店舗を運営したことがある人にはわかるかと思いますが、実店舗には開店と閉店があります。

たいていのお店は朝、開店準備をして決まった時間に開店を迎えます。

そしてたいていのお店は夕方か夜に閉店を迎えます。

開店前には開店準備として店の掃除をします。

  • 店舗前の掃き掃除、
  • 店内のふき掃除、
  • そしてその日の天気や気温に合わせて前面に出して見せていく商品を整えます。
  • 流行やテレビ・新聞などの話題の商品は前面で目立たせます。
  • さらに前面に出す商品にPOP=キャッチコピーや価格を書いたものを表示します。

    閉店時には、
  • その日にどれだけ売れたか?何が売れたか?必要な帳簿つけもすます。
  • 店舗に商品を補充したり、仕入れの手配をすることも忘れてはいけません。

販売計画・宣伝戦略

年間の販売目標額を月別にした月間販売計画、そしてそのために宣伝戦略がなくてはなりません。

月間販売目標は、日別にもなっている必要があります。

何を中心に売っていくのかの計画も重要で、それに従った仕入れをします。

また、その中心販売商品がより多くのお客様の目に触れるように宣伝戦略を立てることも必要です。

 

また、宣伝には宣伝費という経費が付いて回り、商品を売ったお金から知れたお金を差しい引いた儲けからさらにその分を引かなくてはなりません。

そういった経費として店舗の賃料や水道光熱費、商品の梱包費、事務消耗品費なども計算して月の儲けを計画しておかなくてはなりません。

接客サービス

ネットショップには実際には顔を合わせた接客はありません。

それゆえにネットでの買物を好む方も多いでしょう。 

 

ただ、実際の店舗にはある程度販売員さんがいて、商品の説明をしてくれたり、迷っている人の背中を押してくれたりもするものです。

 

その意味で、商品の購入を検討している方が聞きたいであろうと思うことは出来るだけ文字や写真で分かりやすくしておきたいものです。

  • サイズ
  • 重さ
  • 素材
  • 衣類であれば洗濯表示
  • カラーバリエーション

 

難しいのは香りとか肌ざわりを分かりやすく写真や文章で表現できると親切です。

さらには梱包して届く時の荷姿、これは特にギフトとして注文する際には重要なポイントです。

また、いつでも質問のメールや電話が出来て、即、回答できる仕組みも整えておく方がいいかも知れません。

ネットショップと言っても、開店している時間、お客様が商品を選んでいる時間にはパソコンの向こう側でお客様からの質問に答えらえるように準備しておきたいものです。

 

 

この先の、具体的なご相談はこちらにご連絡ください。無料です。

0120407017 担当:桜井

実店舗運営経験20年、ネットショップ運営

ネットショップ制作・コンサル経験16年の経験者が経験をもとにご相談に応じます。