新しい何かを始めなくてはならない今、ネットショップでお客様と直接取引、それもいいと思います。

 

でも待ってください。

あなたは、物を売ったことがありますか?
店舗に立って、お客様と相対したことがありますか?


お客様になったことはいくらでもありますが、店舗の店員=売り手、販売員になったことがある人はあまりいませんね?

 

売ることと買うことは似ているようで全く似ていません。売ることの難しさをご理解いただき、

新規事業であるネットショップ構築についてじっくり考えていただきたく、このページを作っております。

ネットショップ運営 連載コラム&個別無料相談

顧客候補のウォンツとニーズ

皆さんが買物をする時にどこで買い物をしますか?

  1. 近所のスーパー
  2. 近所のコンビニ
  3. 近所の駅の郊外百貨店
  4. 都心の駅のそれなりの百貨店
  5. 銀座の海外ブランドの路面店
  6. Amazonや楽天などの大手ネットショップ
  7. 知り合いのネットショップ
  8. 知り合いではない特定カテゴリーの専門ネットショップ

それはいつもいつも同じではなく、時には銀座のブランドショップであってみたり、近所のスーパーであってみたり、時にはネットショップであった見たり・・・様々かと思います。

 

いずれにしても、それは何らかの「必要」があるからですね?それは間違いないと思います。

 

まあ、買物をする目的ではなくぶらぶらと歩いていて衝動的な買ってしまうという例外もあるかも知れませんが、基本的に何かを買おうとする行動には何らかのウオンツやニーズがあるものです。

ニーズ・・・・「何か食べないと生命の維持が出来ない。」とか「水を飲まないと生きて行かれない」「暖かい服を着ないと寒くて暮らせない。」といった不可欠な状態ですね?この場合、必要不可欠な要素を満足すれば多少、美味しくなくても、品質が悪くても目をつぶることが出来る場合が多いはずです。

 

ウオンツ・・・「美味しいものを食べたい。」、「珍しいものが食べたい。」、「今よりももっといい暮らしをしたい。」、「今よりももっと便利になりたい。」などより高い満足を求めた心理だろうと思います。

 

 

これを整理してみると・・・皆さんがネットショップで売ろうとしているものは消費者=顧客候補のウオンツに即した商品なのか?、ニーズが多い商品なのか?をしっかり考える必要があるのだろうと思います。

 

次にそれをどこで買っているい人が多いのか?
現状の購入シーンを想定して、それに対抗する購入の場として成り立つようにしなくてはネットショップはただ立ち上げただけでも誰も買いに来てくれない、誰も買ってくれないネットショップになってしまうことをまずは知っておく必要があるのです。

 

この先の、具体的なご相談はこちらにご連絡ください。無料です。

0120407017 担当:桜井

実店舗運営経験20年、ネットショップ運営

ネットショップ制作・コンサル経験16年の経験者が経験をもとにご相談に応じます。