今こそ副業で収入アップ! その4

 

今日は、様々な事情で自宅で副業をしなくてはならない人のためのヒントをいくつか挙げてみたいと思います。

以下のような人は本業の終業後、どこか別の仕事場に出向くことが出来ず、自宅で作業をしなくてはなりませんね?

  • 小さなお子様がいる。
  • 高齢な両親の介護で家を空けられない。
  • 力仕事や立ち仕事には体力的に無理がある。
  • 諸般の事情で副業をしていることを隠したい。

自宅で作業となると、軽作業または知的な生産性を伴うクリエイティブな仕事となって来ます。

本業のお勤めと副業、さらには家事や育児までこなさなくてはならないので大変ですが、生きていくためには上手に時間を使い分けて、短時間で生産性の高い副業を探していきたいものです。

 

 

 

パソコンは仕事のために不可欠


特別なスキルとセンスが必要ですが、パソコンがあれば以下のようなお仕事も可能です。ただし、本業としてどこかに雇われているならば、その雇用主の理解と了承が必要です。

ネットショップの商品の仕入れ、イラストやコピーなどの知的財産は誰にその著作権があるのかも明確にしておかないと後々で揉めることも充分あり得ます。

 

  • ネットショップ運営
  • イラストレーター
  • コピーライティング
  • 文筆業
  • デイトレード

また、本来免許がいる仕事ですが、人脈が多い方は以下のようなことを継続的に行い、これに対して、固定の取引先と業務提携契約を結んでおくことで紹介報酬が得られます。

  • 人材紹介・・・・・・副業を探している人を探している会社と副業をしたい人をマッチングする
  • 不動産物件仲介・・・不動産業者の売買物件の買主の紹介

 

前述で軽作業という言葉を記しましたが、これはインターネット検索すれば、いわゆる内職仕事はかなりいくらでもあるものです。

シール張りや簡単な部品の組み立て、部品の検品など、単価が低く、単純な労働で、生産性は決して高くはありません。

何ら経験もスキルない人にはこれもいいかもしれません。

 

もし、多少でも文章を書くことに自信がある、または文章を読むことや書くことが嫌いではないならば、ブログを書いてみることも副業のきっかけになるかも知れません。

 

 

その1へ その2へ その3へ

 

副業を探している方、副業に何が向いているか悩んでいる方、ご相談ください。

ご相談者の方に適した副業のご紹介が出来ると思います。

 

0120407017 担当:桜井