ページ構成・・・どいういうページを作って行くか?

ホームページに通常あるべきページはいくつかありますが、業種やサイトの目的によってどういうページを作成するかがおおよそ決まってきます。

 

ホームページはトップページの他にもたくさんのページが集まってできています。

通常、ホームページの入口となるページを「トップページ」と呼びます。インデックスページと呼ばれることもあります。

ですが、検索エンジンの表示結果により、必ずトップページからサイトにやってくるとは限りません。

 

トップページ以外のページから閲覧されることも多々あり、半分以上の方がトップページ以外から閲覧されるようなサイトもあります。

サイト内にページ数が多ければ多いほど、トップページ以外のページから閲覧される確率が高くなります。

通常用意するページ

  • 「ホーム」
  • 「会社概要・沿革」
  • 「商品・サービスへの思いや、競合他社との差別化の情報」
  • 「商品・サービスに関わる関連情報ページ」
  • 「アクセス」
  • 「お問合せ」
  • (「個人情報保護方針」・「サイトマップ」)

サイト目的によって必要とされるページ

  • 「商品2~」
  • 「お客様の声・感想」
  • 「ブログ」
  • 「イベント開催情報」
  • 「従業員紹介」

などです。

サイトのページ構成案

サイトの情報量(ページ数や、テキストや、ディスクリプション)はサイトの掲載順位に大きく影響しますので、できるだけ多くの情報を盛り込みたいところです。ホームページからの集客を期待する場合には、競合企業の状況にもよりますが、50ページは作成したいところです。

 

自身の顧客候補の方がどのような情報を得たいと思っているのか、どのような商品に魅了を持つのかをお考えいただければ、作成するべきページが見えてくると思います。