今こそ副業で収入アップ! その2

この度の新型コロナ不況、企業の経営者の多くは廃業、解散せざるを得なくなりそうです。

そして多くのサラリーマンが退職を余儀なくされることでしょう。

 

今、副業探しは待ったなしです。

 

では、どんな仕事から副業として可能で有効で、そして有利なのか?

このゴールデンウイークはそれを考えるといいと思います。

 

緊急事態宣言は少なくとも5月末までは延長されそうです。

 

非常に悲観的なことを言うようですが、もう、帰る会社は存在しないと思って過ごすことも悪くはないでしょう。


もちろん、しっかり経済が回復し、新型コロナ以前の社会が帰ってくることを期待していますし、その可能性だって信じているのですが、だからと言って楽観視はできないですよね?

ではどんな仕事が副業に向いているのでしょう?

 

もちろん、その人ごとに事情は違いますから一概には言えません。

 

その方の経験、スキルによってだいぶ違ってきます。

年齢や家庭の事情にも大いに左右されます。

さらには月額いくらの収入を得なくてはならないのか?
これにもよります。


人が好まない深夜のお仕事や危険が伴うお仕事などは報酬はいいかも知れませんが健康、過労に対して充分に気を使う必要があります。自己責任ですので。

 

一方で、在宅でしか仕事が出来ない方も少なくないでしょう。お子様が小さいとか、介護しなくてはならない高齢の親と同居だとかという事情の方もいらしゃるでしょう。

 

まあ、今は新型コロナの感染拡大防止のためにもまずは、自宅で出来る副業を探してみることも無駄ではありません。

いずれにしても、ご自身が経験して来て自信を持って迎える業種で探してみることをお勧めします。

 

 

ただ、あまりにも今の本業のお仕事と近いお仕事だと本業でお勤めの企業、あるいは組織から就業規則違反といわれる可能性もあります。

 

本業で培ったスキルや人脈は活かすべきだと思いますが、本業の組織が保有している個人情報や販売ノウハウまで駆使してしまうことは避けなくてはなりません。

 

現在、多くの企業経営者が副業を禁止する理由の一つがこれです。

その会社が持つ、独自のデータ(情報)と販路拡大、販売ノウハウの流出が一番嫌なのです。

 

その1へ その3へ

 

 

副業を探している方、副業に何が向いているか悩んでいる方、ご相談ください。

ご相談者の方に適した副業のご紹介が出来ると思います。

 

0120407017 担当:桜井